覚えておくと便利な、Illustratorで簡単に描けるキラキラの作り方をご紹介します!

キラキラって「クロスハッチ」というらしいです。
いつもファイル名にkirakiraって名前つけてた…!笑

Illustratorの効果「パンク・膨張」というのを使います。

step1. まずは、楕円形ツールで丸(正円)を描きます

141022_img1

step2. 次に上のメニューから「効果」→「パスの変形」→「パンク・膨張」を選択します

141022_img2

step3. すると下図のようなウィンドウが出てくるので、数値を入力します

プレビューのチェックを入れるとリアルタイムで確認できるので、微調整してみてください。

141022_img3

あとは上メニューの「オブジェクト」から「アピアランスを分割」すればPhotoshopなどにも持っていけます〜!

おまけ

ちなみに、今回上の紹介では楕円形を使いましたが、他の形に適用すると違う形のキラキラになったりします。

141022_img4

いろいろ試してみてください!

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。