Automatorを知っていますか?
じつはMacに標準で入っているアプリケーションで、作業を自動化してくれる便利なものなんです!

今回はそんなAutomatorを使って、簡単に複数のファイル名を一括で変更できる方法をご紹介します!

※この記事のMac環境:OSX 10.9.5

Automatorがいる場所

Automatorはアプリケーションのすぐ下
(/アプリケーション/Automator)に入っています。

icon_automator
↑このロボットくんがアイコンになってます。

Automatorでファイル名を一括変更

1、Automatorで自動化を作成する

今回は例として、ファイル名の後ろに「@2x」を追加するのをやってみます。

1-1、Automatorを開いたら新規作成

メニューバーの「ファイル」から「新規作成」を選びます。
img141001_1

1-2、サービスを選択する

すると、下図のようなウィンドウが開くので、
書類の種類から歯車マークの「サービス」を選びます。

選んだら、右下の「選択」ボタンを押しましょう。

img141001_2

1-3、アクションをドラッグする

右側の欄から「ファイルとフォルダ」を選択し、
さらに「Finder項目の名前を変更」を見つけたら、その項目を右側の領域にドラッグして持っていきます。

img141001_3

↓すると、下図のようなダイアログが出ます。

img141001_4

これは変更を加えたいファイルを複製して、それに今回のを影響させるかを聞いています。不安な人はそのまま「追加」しましょう。

※「◯◯◯.psd(オリジナル)」はそのままで、複製された「◯◯◯@2x.psd(変更後)」の2つファイルが出来ることになります。

私は「追加しない」を選んで先に進みます。

1-4、項目を選ぶ

右側に現れた項目を設定していきましょう。

まず、次の項目を受け取るを「ファイルまたはフォルダ」にし、
検索対象を「Finder」にしました。

img141001_5

次に、「日付または時刻を変更」と書いてあるプルダウンを選択して、
今回やろうとしている「テキストを追加」を選びます。

img141001_6

下の表示が切り替わって入力ボックスが出てくるので、
(例)@2xを打ち込みます。

「名前の後ろに追加」のプルダウンは、
今回はファイル名の後ろに@2xを加えたいのでそのままにしてます。

img141001_7

1-5、保存する

すべての項目を入力し終わったら、⌘(コマンド)+Sを押して
名前を付けて保存しましょう!

img141001_8

これで完成です!

2、実際に使ってみる

「@2xを追加」のアクションができたので、
さっそく使ってみましょう!

Finderで、変更したいファイルを複数選択します。

そして、右クリック(またはControl+クリック)でメニューを開いたら、
サービスの中から先ほど作った「@2xを追加」を選びます。

img141001_9

すると・・・

なんということでしょう~(古いっ 笑

img141001_10

一瞬で、複数のファイル名に@2xが追加されました!
これは便利!

鈴木:今回はテキストの追加だけでしたが、他にもいろいろカスタマイズして試してみてください〜!作業効率アップ!

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。