最近、KAYAC DESIGNER’S BLOGさんの記事「10秒以内に、ここ1年で見てきたデザインが出せますか?「Ember」活用まとめ」で紹介されていたEmberというMacアプリが気になって購入してみました。

でも、iCloudで他のMacと共有できない?!と、とても困ってしまったので、私が引っかかってしまったところも含め、iCloudでEmberを共有する方法をご紹介します。

EmberをiCloudで他のMacと共有する方法

ember

ライブラリをiCloudに切り替えて共有

上のメニューバーから「Ember」→「ライブラリ」→「iCloud」にチェックを入れると、共有することができるiCloudのライブラリに切り替わります。

ember-icloud01

通常はここでチェックを入れて、切り替わったライブラリに画像を入れれば、他のMacでも共有できます。

iCloudが選択できないときはシステム環境設定へ

ですが、私の場合、上記の画像のように、iCloudがチェックできない状態になってました。

(1) システム環境設定でiCloudを開く

そんなときは、Macのシステム環境設定を開きます。
システム環境設定を開いたら、「iCloud」を選択しましょう。

※ちなみにiCloudはOS X Lion 10.7.5以降から使えます。

ember-icloud02

(2) Emberは「書類とデータ」のオプションの中

ですが、iCloudの一覧にEmberがありません。
じつはEmberは「書類とデータ」の中に隠れています。

ember-icloud03

「書類とデータ」にチェックを入れれば共有できるようになりますが、個別に設定したいときは横にある「オプション」を押します。

ember-icloud04

Emberにチェックを入れたら、再びEmberアプリに戻ってメニューバーからライブラリをiCloudに選択できるようになってます!

ember-icloud05

これで無事他のMacと共有できるようになりました!

鈴木:今まで画像収集するアプリを使用したことがなかったので、思い切ってEmberを購入してみました。5000円なのでお財布に痛い…。でも、PSDで入れられるし、共有できるし、とても使い心地が良いです!

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。