img131202Photoshopで作業していると、メモリが低いパソコンだとどうしても動作が重くなりがちです。メモリがすぐに増設できればいいですが、そう簡単にいかない!そんな時にすぐできる対処法を集めてみました。

重くなってから、普段から、事前にできるの3つにわけて紹介していきます。

1、重くなってからの対処法

メモリを全てクリアにする

上のメニューバーから[編集]→[メモリをクリア]→[すべて]で、Photoshopが記憶している情報をすべてクリアできます。

参考記事:[Photoshop]動作が重くなったらメモリ全クリア – COMD

2、普段から気をつける対処法

使わないレイヤーを統合する

参考記事:Photoshopの動作を軽くしよう – entacl Lab.

3、事前にできる対処法

環境設定のパフォーマンスでヒストリー&キャッシュを調整する

上のメニューバーから[編集]→[環境設定]→[パフォーマンス]で、「ヒストリー&キャッシュ」という項目の数値を調整します。ヒストリーは作業履歴なのでできるだけ少ない数値に。キャッシュレベルは、entacl Lab.さんでは最大の8にするといいと書いてあります。自分で試しながら調節するのがいいようです。

参考記事:
Photoshopの動作を軽くしよう – entacl Lab.
Photoshopの動作を軽快にするための10のポイント – コリス

Photoshop中心ならメモリの使用量を75〜80%にする

上のメニューバーから[編集]→[環境設定]→[パフォーマンス]の「メモリの使用状況」の数値を調整します。コリスさんによると、Photoshop中心なら75〜80%、他のアプリケーションも開いているようなら50%がいいそうです。

参考記事:Photoshopの動作を軽快にするための10のポイント – コリス

フォントプレビューサイズをなしにする

Photoshop CS5.xの場合

上のメニューバーから[Photoshop]→[環境設定]→[テキスト]で「テキストオプション」の「フォントプレビューのサイズ」という項目のチェックをはずします。

Photoshop CS6/CCの場合

メニューバーの[書式]→[フォントプレビューのサイズ]で[なし]を選択します。

フォントのプレビューが見れなくなりますが、たしかにたくさんフォントがあるとプレビューが遅いときがあるので、思い切ってプレビューを使わないのもいいかもしれません。

参考記事:
Photoshopの動作を軽快にするための10のポイント – コリス
フォントのトラブルシューティング (Photoshop CS5/CS6/CC) – Adobe Photoshop Help

(※本項目の一部を修正・追記しました。2014/08/12)

レイヤーのサムネールサイズをなしor最小にする

「レイヤー」パネルの左上にあるパネルオプションでサムネイルサイズを「なし」か「最小」にするといいそうです。

参考記事:Photoshopの動作を軽快にするための10のポイント – コリス

他にもいろいろ対処法があると思いますが、わかりやすくてすぐできそうなものを並べてみました。ちなみにAdobeでも「パフォーマンスを最適化する | Photoshop CS4、CS5、CS6」で紹介しています。

Photoshop は『RAM(ランダムアクセスメモリ)』を使用して画像を処理しているらしく、このRAMが鍵になるようです。まだまだ私も勉強不足なので、これからも調べていきたいと思います!

 

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。