今日は何のネタの記事を書こう…。

今日は仕事も休みだったのでぼんやり漫画を読みながら一日をだらだらと過ごして、やっとPCの前に座りました。最近は別に楽しい気持ちでもなく、ブログを更新することは義務のような、作業のような感じになっていました。

これは違うんじゃないか…?

私にそう思わせてくれたのは、「ブログ更新の気力を失ってました」という記事でした。

最近のルーティン化したニュースアプリでチェックをしているときにたまたま見つけた記事で、なんとなくそのタイトルが目に留まりました。内容を読んでいると、どんどんその人の言葉に引き込まれるように、気づいたら最後まで読んでいました。

記事の内容は、その人がブログを書き始めて、慣れない本を読んで、批判を浴びて…ブログを書くのに四苦八苦しているのを書きつづったものでした。私はきっとこの記事につづられた素直な言葉たちに心ひかれたんだと思います。

私もこんな、人の心を動かす記事を書きたいな…。

ふと、そう思いました。

私はブログを続けるのが苦手で、今まで幾度と無く開設と削除を繰り返してきました。そんな私が20日以上も続けてこれたのは『一日一記事』を目標にしていたからです。私は「今日はいいかな」と一度気を抜くと、もうそれからブログを更新しなくなる自分の悪い癖のようなものをわかっていたので、習慣化させようと思いました。なので、必ず毎日書くという決め事を自分の中に作ったんです。結果、ブログを書きはじめてから今日まで一日も欠かさずにブログを更新することができています。

自分にとってブログを書くという行為は、とても良いことだと思っています。ブログのネタを考えるのに、毎日ニュースをチェックするようになりましたし、以前よりいろいろなことに興味が向くようになりました。

ですが、その反面、毎日更新することに囚われて、最近は情報収集してブログにその結果を書くだけになっていたように思います。それだと、私がいつも見ているお役立ちブログや情報ブログと何の変わりがない。私はそんなブログが書きたかったのか…。

何か面白いことがしたい。

これは私が常に思っていることです。面白いことがしたいというのは、一人ではできません。誰かを巻き込んで、驚かせたり笑顔にしたりするのが面白いのです。そんな気持ちも最近忘れていました。

やっぱりブログなのだから、いろんな人に読んでもらいたいです。このままではブログ更新が作業化して、毎日更新できている自己満足で終わってしまうような気がします。ここでもう一度、このブログの意味を見つめ直したいと思いました。