「記号」を入力して変換すると、郵便番号マークや音符などさまざまなものが入っています。

これが一覧で見れたら便利だと思いませんか?

そこで今回は、Illustratorの「字形パネル」を、私が実際に活用している方法とともにご紹介します。

目次
・活用術(1)特殊記号や異体字を探す
・活用術(2)アウトライン化して使える模様や絵文字
・活用術(3)かな入力のフリーフォント

活用術(1)特殊記号や異体字を探す

字形パネルの表示方法

まずは字形パネルを表示します。

上部のメニューバーの
「ウィンドウ」→「書式」の中に「字形」があります。

img140528_1

クリックすると、字形パネルが開きます。
ここで、収録されている字形を探すことが出来ます。

img140528_2

異体字を探す場合

例えば、斉藤さんの「斉」の異体字を探します。

字形パネルの中の「斉」を長押しすると、
別の異体字が表示されます。

img140528_3

変更したい異体字を選ぶと、反映されます。

img140528_4

活用術(2)アウトライン化して使える模様や絵文字

フォントの中には、
特殊な字形が入っていることがあります。

例:Zapfino

例えば、筆記体の美しい「Zapfino」。

img140528_5

じつは収録されているアルファベット以外に、
装飾文字が入っています。

img140528_6

アウトライン化すれば、
シェイプ素材として使えるので意外と便利です!

その他に使えそうなフォント

Zapfinoの他に、
「Apple Symbols」や「Zapf Dingbats」などもオススメです。

img140528_7

活用術(3)かな入力のフリーフォント

ローマ字入力未対応のフォント

日本語のフリーフォントには、
キーボードの「ローマ字入力」に対応していないものもあります。

input2_01
(画像引用元:FMVサポート

普段ローマ字入力している身からすると、
「かな入力」は非常にストレス極まりない!!

そこで、字形パネルが役に立ちます。

例:カリン91

img140528_8
(フォント配布元:gau+

とは言うものの、

パネルは綺麗に五十音で並んでいるわけではないので
ここから探さなくてはなりませんw

なので、あくまでも「っ」や「。」などを探すのに便利かな
と言ったところです。

※ちなみにgau+さんは、配布フォントの中にキー配列のマップがはいってます!

Illustratorの字形パネル活用のご紹介でした。
字形パネルは一覧で見れるので、フォントをプレビューしたいときも結構便利です。ぜひ、活用してみてください!

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。