普段のちょっとしたことを便利にしておくと、作業スピードがアップしますよ!

ということで、新人デザイナーさん、Mac初心者さん、その他Finderがいまいち使えこなせない皆さま、

まずは「Finder」の設定・カスタマイズをしていきましょう!

※今回説明していく環境はMac OS X(Mavericks)です。

目次
1. Finderにパスを表示
2. Finderの上部にアプリのショートカットを表示
3. Finderのよく使う項目の活用

1. Finderにパスを表示

140507_img1

Finderのパスとは、Webサイトでいうパンくずリストのようなものです。
今選択しているデータがどこの中に入っているのか一目でわかります。

設定方法

Finderのメニューバーから
「表示」→「パスバーを表示」をクリックします。

140507_img2

2. Finderの上部にアプリのショートカットを表示

140507_img3

Finderの上部にアプリのショートカットを置くことができます。

そのアプリアイコンを押して「アプリを起動」したり、またデータをそのアプリアイコンの上にドラッグすると「データを開く」ことができます。

設定方法

アプリケーションフォルダから、「Command(⌘)」キーを押しながら
Finderの上部まで対象のアプリをドラッグします。

140507_img4

プラスマークが出てくるので、
そのまま離すとFinderの上部に追加されます。

140507_img5

また、削除したいときは、先ほど追加したアプリショートカットアイコンをCommandキーを押しながら、モコモコマークが出てくるまで画面のどこかまでドラッグして離します。

3. Finderのよく使う項目の活用

140507_img6

Finderの左側には「よく使う項目」というのがあります。
ここに、フォルダやデータを自分で追加することができます。

いちいちフォルダの中を潜らなくても、今行っているプロジェクトのフォルダまでショートカットできるので便利です。

設定方法

データまたはフォルダを「よく使う項目」まで、
ドラッグして持って行きます。

すると線の目印が出てくるので、入れたい隙間にその目印を合わせて離します。

140507_img7

また、ここから削除したい場合は、「option(alt)」キーを押しながらFinderの外に向けてドラッグします。モコモコマークが出てきたら離しましょう。

鈴木:いかがでしたか?今回は3つに絞ってお伝えしました。私がMacを変えたら必ずやりたいことです。ぜひFinderを自分の使いやすいようにカスタマイズしてみてくださいね!

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。