お、重い!アヒルさんがとてつもなく重い!!

FTPクライアント「Cyberduck」が重いときの対処法をご紹介します。
Macユーザーさん向けです。

鈴木はこの2つをやったら、使い物にならないくらい重い状況から開放されました!
困っている方はお試しあれ。

Cyberduckが重いときにする2つの対処法 for Mac

img140322

1. 転送履歴を削除

ファイルを転送すると、下記の画像のような「転送」ウィンドウが表示されます。

img140322_1

ここへ今までに転送した項目が羅列されていきますが、じつはこれが溜まるとどんどん重くなっていくそう。

私は全然気にしていなかったので、大量に転送履歴が残っていました…。

「Command+A」ですべて選択して「delete」キーまたは削除ボタンを押して、すっきりさせちゃいましょう!

ちなみに、この転送履歴を残さない方法があります。

「Cyberduck」→「環境設定」→「転送」で、「転送完了後に項目を削除」にチェックを入れておくと、転送履歴に溜まりません。

img140322_2

定期的に消すのを忘れてしまいそうな人は、この設定をしておくといいかもしれません。

2. 情報を見るの「32ビットモードで開く」のチェックをはずす(ver4.3以前の場合?)

アプリケーションをControl+クリック(または右クリック)で「情報を見る」を選択します。

img140322_3

Cyberduckの情報を開いたら、一般情報という項目の「32ビットモードで開く」のチェックをはずしましょう。

img140322_4

※ 2014年3月現在最新であるver4.4.3にはこの項目はありませんでした。この問題が解消されたのかもしれません。

img140322_5

アヒルさんもうダメだ…ぽいっ!とする前に、上記の対処法をやってみたことのない方はぜひ試してみてください。