今年のバレンタインやホワイトデーはお店に出向くことなく、気軽にスマホやPCで贈ってみてはいかがでしょうか?

2014年1月15日からスターバックスが「Starbucks e-Gift」というソーシャルギフトサービスをはじめました。

今回はこのサービスを実際に使ってみたのでご紹介します。

LINEやFacebbokでスタバのギフトが贈れるサービス「Starbucks e-Gift」を使ってみた

 

Starbucks-e-Gift1

Starbucks e-Giftはメッセージカードにスターバックスのドリンクを添えて
オンライン上で友だちに贈ることができるギフトサービスです。

公式サイトより引用)

1、ギフトカードを作る

まず「ギフトを贈るボタン」を押して、入力画面に進みます。贈り方を「Facebook」「LINE」「メール」の中から選ぶことができます。

Starbucks-e-Gift2

下へスクロールして、次はカードを選びます。ハートが使われたバレンタインにぴったりなデザインもあって、全部で15種類以上。

そのすぐ下で、80文字以内のメッセージも入力できます。

2、簡単に決済

「次へ進む」ボタンを押すと、カードと贈り方の確認と、決済がでてきます。

決済方法はクレジットカードだけでなく、キャリア決済やギフトコードもあります。それぞれ入力し終わったら、一番下の「利用規約に同意して、決済する」ボタンを押します。

Starbucks-e-Gift3

これで注文手続き完了です。
(どうやら有効期限は4ヶ月ぐらいのようですね。)

私の場合は、今回贈り方でLINEを選んだので、このページからLINEでギフトを贈るようです。

Starbucks-e-Gift4

「LINEで贈る」を押すと、LINEが起動して贈りたい人を選び、トークに定型文とURLが入りました。これで送信ボタンを押せばギフト送信完了!

とても簡単でした!

Starbucks-e-Gift5

ギフトを受け取った側

受け取った側は、もらったURLを開くと以下のようなページが表示されます。「ギフトを受け取る」ボタンを押すと、バーコードが貼ってあるページ『ドリンクチケット』が出てきました。

Starbucks-e-Gift6

この画面をスタバの店舗レジで見せると、500円(税込み)までの好きなドリンクを注文できます。

まとめ

住所がわからなくてもFacebookやLINE、またはメールで、気軽に贈れるのが最大の利点ですね!

おしゃれなメッセージカードも添えられるので、バレンタインデーの義理でも本命でも喜んでもらえそうですし、ホワイトデーで男性からのお返しでも重宝しそうです。

誰にでも贈れる便利なソーシャルギフトを活用してみてはいかがでしょうか?

Starbucks e-Gift|スターバックス コーヒー ジャパン
https://gift.starbucks.co.jp/guide

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。