最近、新しいPCでPhotoshopを使うことがあったので、作業効率アップのために私がはじめてPhotoshopを起動したら作業する前にやることを紹介します。

アクションなど、ある程度の操作や用語がわかる方前提です。今後、その辺りは初心者の方は覚えるととても便利なので、詳しい記事を掲載しようと思ってます。

※今回私の環境は、Mac OSXでAdobe Photoshop CS4です。

 

1、ワークスペースをカスタマイズして保存

自分の使いやすいようにパネルを配置したら、必ず保存することをオススメします。再起動したりすると、また元に戻って配置し直しになりかねません。

メニューバー[ウィンドウ]から選んで配置したら、同じ[ウィンドウ]→[ワークスペース]→[ワークスペースを保存]で好きな名前をつけて保存します。(私はよくオリジナルという名前にしてます)

img1

2、『スマートオブジェクトに変換』をF1キーに設定

Webサイトをデザインするとき写真画像を扱うことも多いので、何かと『スマートオブジェクトに変換』を使います。
レイヤー上で右クリック(またはcontrol+クリック)して項目『スマートオブジェクトに変更』を選択すればいいのですが、私はこれを一回の操作で終わらせたいので、アクションに保存して、そのスクリプトにショートカットキー『F1』を設定しています。

(※ちなみにMacだと環境設定のキーボードで『F1、F2などのすべてのキーを標準のファンクションキーとして使用』にチェックと入れた状態にしているので使えますが、通常は明るさ調整になってしまうので注意してください。私はF1キーにしていますが、他の使いやすいキーで設定してみてください)

img2

3、『Corner Editor』を入れる

Corner Editorとは、シェイプの角丸の作成・修正を簡単にしてくれるスクリプトです。
そんなのシェイプで角丸にすればいいじゃん!と思うかもしれませが、このCorner Editorは、角丸シェイプを置いたあとでも丸み(px)の変更ができます!もちろん、角丸を無くすことも可能です。

あとで、もっと丸みが欲しいとか、角丸にしたくなくなったら、新たにシェイプを作成する必要はもうなくなります!

ダウンロード:http://photoshopscripts.wordpress.com/2013/02/03/corner-editor-photoshop-script/

ダウンロードしたら、フォルダ「Adobe Photoshop」>「Presets」>「Scripts」の中に『Corner Editor.jsx』を入れます。そして、Photoshopを再起動。シェイプを選択した状態で、メニューバー[ファイル]→[スクリプト]→[Corner Editor]を選ぶとウィンドウが開きます。

img3

あくまでも私の例ですが、この3つの設定だけで全然作業スピードが違います。ぜひ、いろいろ試してみてください。

Pocket

※ この記事は2年以上前に書いたものです。すでに情報が古くなっている可能性もありますのでご留意ください。